KYOTO MEDICAL PLANNING 株式会社 京都医療設計

採用
  1. HOME
  2. 採用
  3. 活躍フィールド
  4. 総代理店営業(全国販売)

活躍フィールド

総代理店営業(全国販売)という仕事

仕事の概要

 総代理店営業は、自社販売製品を製造販売元として、全国の医療施設や商社に供給するのが主な仕事です。主な取扱製品は生体吸収性の縫合補強材。体内に残らない優れた医療材料として、呼吸器・脳外科・消化器外科などの治療においてスタンダード化しています。製品についてドクターや商社担当者にわかりやすく説明するには、その優位性や安全な使用法、実際の症例などを熟知しておく必要があります。また、手術に立ち会うなどして、製品が使われる現場から改良や開発への希望を聞き取り、製造や開発部門にフィードバックすることも重要な任務です。

総代理店営業の存在意義

 自社販売製品の優位性や使用方法、活用事例を熟知し、誰よりも的確に説明できるのが総代理店営業。
商社営業にとっては心強い助っ人であり、ときに商社営業に同行することもあります。自社販売製品が医療者と患者様にどんなメリットをもたらすのか、説得力のある提案に営業としての真価が問われます。

必要な資格や能力は?

 特別な資格は必要ありませんが、弊社では日本医療機器学会が主催するMDIC(医療機器情報コミュニケータ)認定制度の受講/認定取得を推奨しています。医療機器は、使い方を誤ると人命に関わるリスクも。取り扱いには膨大な知識と情報量が必要なため、認定者の育成に力を入れています。
ドクターや商社との信頼関係づくり、製造現場へのフィードバックにおいては、密なコミュニケーションが求められます。また、医療者との正確な打ち合わせには、自社販売製品についてだけでなく、最新医療の専門的な知識や症例に対する深い理解も不可欠。そして何よりも、医療現場や開発現場の先にいる患者様のことを第一に考え、人の命に関わっているという社会的使命感や責任を自覚することが大切なのです。

京都医療設計ならではの営業ポリシー

 主力製品である生体吸収性製品は、発売と同時に大きな反響を呼び、活用される診療科が年々広がっています。製品の改良点や、関連機器の開発への要望、新しい分野への応用などのご提案をいただける医療現場は、よりよい製品に進化させる「アイディアの宝庫」です。そこを掘り起こし、製造開発現場へ、ひいては患者様へ届けようとする総代理店営業のポリシーは、販売と製造部門を併せ持つ京都医療設計ならでは。「橋渡し役」として活躍することに、気概を感じる人を求めています。医療機材というモノを介して、人と命とものづくりをつなぐ仕事ですから、日々やりがいを実感できるはず。全国に販売網があるため、広い担当エリアを飛び回る営業スタイルを楽しめる人がぴったりです。

ページトップへ戻る

次へ(研究開発)