KYOTO MEDICAL PLANNING 株式会社 京都医療設計

事業
  1. HOME
  2. 事業
  3. 総代理店(全国販売)

総代理店(全国販売)

事業内容

生体吸収性医療材料を中心に、販売網を全国へ。

生体吸収性縫合補強材
生体吸収性縫合補強材

 京都医療設計が開発する製品を提案・供給するのが、総代理店部門のジャパンメディカル事業部。全国の医療機関に販売網を広げ、製造の調整と迅速な出荷を担っています。
 商社として創業した京都医療設計が、総代理店事業を展開したのは1993年。「生体吸収性ポリグリコール酸フェルト」の縫合補強材を、国内総発売元として全国の医療機関へ向けて供給を開始しました。「組織を補強後、一定期間を過ぎれば生体内に完全に吸収される」という画期的な特性により、リリースと同時に医療業界の注目を集めました。以来、京都医療設計の「患者様の生命と健康を第一に考える」という企業理念を象徴する商品として知られています。呼吸器外科手術における縫合補強材のスタンダードとして全国の医療機関で活用され、現在では脳神経外科(硬膜の補強など)や消化器外科(大腸がん切除面の補強など)など幅広い診療科でニーズが高まっています。

医療現場の声を反映した、独自の製品開発が強みに。

 より安全かつ高機能で、汎用性の高い製品に進化させるためには、医療現場からのニーズやアイデアが不可欠です。総代理店営業は、医療現場と開発部門をつなぐ「橋渡し役」。手術現場に立ち会い、ドクター様から改良や開発に対する要望、新しい分野での可能性などご意見をいただき、製造開発現場に素早くフィードバックします。製品の販売だけでなく開発、研究まで一元的に行える京都医療設計独自のシステムは総代理店として大きな強みとなり、全国の医療機関から信頼を集めています。

社会に貢献するものづくりを、積極的に広げて。

 現在では、生体吸収性縫合補強材だけでなく、高性能モバイル検査機器「カプノトゥルー」「オキシトゥルー」など、自社開発製品の幅を広げています。他の医療メーカーとの共同開発や改良も積極的に行い、互いの専門的なノウハウを活かしあう製品開発にもチャレンジ。医療現場、ひいては患者様から真に望まれる、社会貢献性の高いものづくりに今後も力を入れていきます。

取り扱い製品例

カプノトゥルーASP

高性能モバイル型カプノ/パルスオキシメータ。手の中に収まるコンパクトなボディに、高精度サイドストリーム方式CO2/SpO2 モニタを実現。多彩なモニタリングパターンとパソコン接続によるリアルタイムモニタリングも可能にしました。

製品ページへ

オキシトゥルーA

高性能モバイル型パルスオキシメータ。優れたノイズ除去技術で周囲の干渉や低灌流の混在を自動的に制御し、良質な情報を提供します。持ち運びに便利なハンドヘルド型を採用。軽量・コンパクトサイズでありながら、緊急時にも対応できる高い性能と数多くの機能を搭載しました。

製品ページへ

本事業に関するお問い合わせは

(株)京都医療設計 ジャパンメディカル事業部
京都市山科区四ノ宮神田町4番地 古橋山科ビル TEL 075-582-9580 FAX 075-582-9581
※または、お問い合わせ専用フォームをご利用ください。

ページトップへ戻る

次へ(開発)